RECRUIT VOICE

ホーム > RECRUIT VOICE > 雨田 伴慈

部署間の垣根の低さが、
柔軟な発想と組織を生む。

デザイナー雨田 伴慈

京都市立芸術大学 美術学部卒

大学ではDTPなどのグラフィックデザインに限らず写真やWebに至るまで様々な領域のデザインの勉強をしておりました。なので就職活動をする中で私が重用視していたのは幅広くデザインが行えることでした。しかしそれまで受けた会社で言われたのは「そんなにいろんなことはうちではしてないよ」ということでした。幅広くデザインしたいという気持ちが会社の仕事内容とマッチしなかったことが多々ありましたが、そんな中で私の幅広さを最も評価してくれたのがWAVEでした。

WAVEの制作室はDTP系とWeb系で分かれており、私はDTP系の配属なのですが、一緒に仕事をする機会は多いです。現在は学校関連の印刷物の仕事がメインですが、ランディングページの制作といったWeb関連の仕事にも携わりました。部署間の垣根の低さにWAVEの柔軟さが表れていると感じました。

常に新しい価値を求められるのが広告業界の醍醐味であり、WAVEなら時代に則したものを作れる土壌があると思います。その中で自分の目指すデザイナーに近づけるよう、研鑽を積んでいきたいです。