STAFF’S VOICE / 先輩社員の働き方

東京オフィス

東京ならではのスケール感の中で、
自分自身の可能性を切りひらく。

東京支社

プランナー

千葉 みのり CHIBA Minori

2019年新卒入社
(立教大学文学部卒)

CAREER PATH

2019年

新卒入社

2019年

世界的
スポーツイベント
に関する
業務を経験

2020年

都内私立大学の
大学案内冊子の
主担当に

2021年

新卒
採用担当を
経験

仕事内容を教えて下さい。

関東地方を中心とした教育機関・企業・地方自治体に関して、Webサイトやムック本の編集、学校案内などの広報ツールの制作に携わっています。入社一年目には、スポーツの国際大会に関連した私立大学のブランディングWebサイトの企画を担当。クライアントである大学や、スポーツ施設、選手が所属している企業に足を運び、打ち合わせや取材、撮影ディレクションを行いました。また、大阪本社の業務の中で関東圏内の取材が発生した場合には、大阪のライターに代わって取材をすることも。電話やメール、チャットツールやWeb会議ツールを駆使しながら、東阪で連携して業務を円滑に進められるよう工夫しています。

仕事のやりがいはなんですか?

正解を自分たちで生み出せることに、業務の面白さを感じています。広告制作の仕事には、「これを作れば間違いない」という明確な指標がありません。クライアントがどんな課題を抱えているのか、また何を求めているのかを十分に把握して制作物をつくり、納品したあとも、想定した効果がもたらされているのかを分析する必要があります。正解がないからこそ、自分が考えた企画や原稿に対して「この内容で良かったのだろうか」「もっとできたことがあったのでは」と悩むこともありますが、「これだ!」という企画を思いついたときや、クライアントからお褒めの言葉をいただいたときには、悩んでいたことを忘れるくらいの喜びと嬉しさを感じます。

東京支社ならではの仕事の面白さ、醍醐味とは?

官公庁や、誰もが知る大手企業、有名大学の仕事を担当できることではないでしょうか。入社3年目で担当したムック本の企画では、複数の官公庁の方へ向けた誌面内容の提案や、内閣府のとある省の副大臣へ取材を実施。政治の中枢機能を担う首都圏ならではの業務内容だと感じました。また、私自身は地方の出身ですが、都内の有名大学の仕事を担当した際には、企画を手がけた制作物が出身高校の恩師の目に留まり、「千葉さんの会社で作ったパンフレット、読んだよ」と連絡をもらったことも。東京支社に在籍していても、業務のフィールドとその影響力は日本全国にわたっているのだな、と改めて実感しました。

MY ONE DAY

一日の流れ

MESSAGE

東京支社は、在籍人数も事業規模も拡大中で、発展途上ともいえる環境です。「多くのことに挑戦したい」「若手のうちから大きな仕事に取り組みたい」と考えている人にはぴったりだと思うので、まずは会社説明会に足を運んでいただけたら嬉しいです。皆さんとお会いできる日を楽しみにしています!